K&H F.R.P LABORATORY

HOME > K&H ポリシー > シート作りの哲学
K&H 経営哲学

お客様に「オートバイに乗ることが楽しい!」
そう感じていただくために選択した製法です。

イメージ私どもが製作するシートは、アフターマーケットのシート製作において、現在主流である「スポンジの板を重ねていく」手法は採用していません。 スポンジ同士を張り合わせたシートは、接着剤を多用するため、クッション製に問題がでてしまいます。 ライダーからシートに荷重が掛けられたとき、硬化した接着剤の部分に荷重が達すると、動こうとするスポンジの動きが絶たれてしまいます。 そのため、きれいにシート全体が沈まなくなってしまうのです。 K&H製シートは、型の中で発砲させるインジェクション製法を採用しており、美しい形と従来のシートでは成しえなかった、快適な乗り心地を実現しています。

 

しっかりと加重を受け止める
弾力と柔らかさを兼ね備えたシート

イメージ インジェクションスポンジは、2つの原液を”型”の中に注入し化学反応させて発泡させる製法で、スポンジは型の中で隙間なく発砲します。 膨らみながら発砲するスポンジは型に押し付けられるので、強い圧が掛かるシート外周部は、スポンジの粒がキメ細かくなります。 その粒はとても細かく、人の肌のように見えることから「スキン層」とも呼ばれています。 そして、シート中央部に向かうにつれて圧は弱くなるため、粒は少しずつ大きくなっていきます。さまざまな大きさ違いのスポンジの粒により、コシと柔らかさという一見矛盾するオートバイ用シートに必要不可欠な要素を実現しているのです。これがK&H製シートが優れていると評価をいただく理由です。

 

スポンジ部分と
シートベースを一体成型

イメージ従来の製法の場合、スポンジ同士やスポンジとシートベースを接着剤で張り合わせなくてはならないため、長期間使用すると接着面が剥がれ、スポンジのみが収縮するなど、型崩れの原因となっていました。 そこでK&Hでは、シートベースとスポンジが一体成型になる製造方法を、独自に開発し採用しています。 一体となったシートベースとスポンジには隙間がなく、接着剤を使用しないため長期間の使用にも耐えうることが出来ます。 そのため、美しいスタイルのまま長くご使用いただけるのです。

 

 

 

開発や実走テストには
時間を掛けています。

イメージ完成品のシートと同じものを、FRPやウレタンなどさまざまな材料で製作します。 跨っただけのチェックでは分からないこともありますから、この原型を車輌に装着して実際に走行テストを行います。 そこで問題が見つかれば原型を修正し、ときには数ヶ月も掛け原型を製作していきます。 そして、原型からスポンジを流し込む型やシートベースの型を製作し、その後、数種類の硬さ違いの試作シートが作られ、365日季節を問わず最終チェックの走行テストを行います。 一般道から高速道路、ストレートからコーナーまで、あらゆる条件下で良い動きをしてくれるかを試します。 長距離の走行テストは製品化する前には必ず行う作業です。 そのテストは、1日で1000kmに及ぶこともあり、年間、テスト走行だけで20.000km以上もの距離を走ります。 普段よりオートバイに乗るスタッフ達が、走らせながらシートを作っているので『楽しい』と感じるシートに仕上がるのです。 更に、ダブルシートの場合、二人乗りでの長距離テストも行います。 K&Hのシートがオーナーだけでなく、タンデムライダーから評判がいい秘密は、この徹底した走行テストにあるのです。

 

実用性だけではなく
質感にもこだわります。

イメージ シートに使用するレザーは、「スポンジの動きを妨げないこと」、「色が褪せないこと」や「水に強いこと」を前提にレザーをセレクトしています。 そして、実際に車輌に装着しての走行テストを繰り返し選び抜かれています。 ただ、素材が良くても縫製が悪ければ意味を成しません。 K&Hでは縫い糸の太さから縫いのピッチ一つにまでこだわっています。 初めてお客様が手にしたときから良質な質感を感じていただけるように、熟練スタッフが丁寧に縫い上げています。 縫製後は、屋外で使用されることを考え防水処理を施します。 そして、実用性だけではなく、K&Hでは世界で一つのオリジナルシートをオーダーすることが可能です。 数種類のレザーカラーの中から好みのも組み合わせることにより、車輌のイメージに合わせたオリジナルのシートをオーダーすることが出来るのです。 更には、ステッチカラー(縫い糸の色)、パイピングカラー、(レザーの間に丸められたレザーを装飾で挟み込んだもの)スタッド(鋲)やリベットを組み合わせることも可能です。 K&Hのシートのクオリティをそのままに、イメージにぴったりのオリジナルシートをオーダーすることが出来るのです。

 

お尻を支える程よい硬さと
快適な柔らかさの両立

イメージ標準のスポンジの硬さには想定される体重幅があります。 その幅から外れる場合、最適な硬さに合わせることが可能です。 体型や車種によるフットポジション、シートにどのくらいの荷重が掛かるのか等さまざまなデーターから硬さを調整します。 ただ、私たちの作るシートはスポンジを少し「硬め」に設定しています。 乗り心地を良くし、お尻が痛くなり難い柔らかさと、お尻をしっかりと支え、路面からの 情報をライダーに伝えるための適度な硬さ、この2つを両立させるためです。 そのため、購入直後は「ちょっと硬すぎるのでは?」と感じるかもしれません。 しかし、K&Hのシートには「慣らし」が必要なのです。 さまざまな条件下で姿勢変化を繰り返すことで、スポンジが体に馴染んでいくのです。 3,000kmほどの慣らしを経て、初めてオーナーに最適なシートが完成します。

 

発送前の
チェック体制

イメージK&Hのシートは完成後、スタッフによってさまざまな角度から検査されます。「スポンジの硬さは?」、「レザーにシワや汚れはないか?」、お客様のもとへ発送する前に徹底してチェックを行い、最後に確認したスタッフのチェック印が押されます。そして、シートを後ろから見たときにK&H製だということが誰の目にも分かるよう、『K&H』と刻印されたネームプレートが全てのシートに飾られています。 K&Hのネームプレートに恥ない様、自信を持ってお客様のもとへお届けしています。

 

 

 

K&H製シートの特徴

  • 型の中で発泡させたインジェクションスポンジを採用しており、型から抜いたスポンジがそのままシートの形状となる。そのため製品が均一で、型くずれしにくい。
  • 型の中で圧力をかけているため、スポンジの粒がきめ細かい。底付きしにくく、適度な弾力感があり、乗り心地が向上する。
  • シートベースとスポンジを一体成形しているため、経年変化によるスポンジのみの収縮がない。
  • スポンジ硬度は走行テストにより、長時間の走行でも疲れない硬さに設定(標準設定は60Kg〜75Kg)。お客様の体重により、硬さを調節できる。
  • 振動吸収対策として、シート本体をフローティングマウント。長時間の走行でも快適。
  • 独自の防水加工が施されている。
フッター
メールマガジン カタログ請求 サイトマップ Virgin-BMW Motorrad K&Hコラム連載中 バージンハーレー K&H特集