K&H F.R.P LABORATORY

K&H よくあるご質問

質問

足つきを良くするにはどのような形状が良いですか?(シートの厚み)

質問

『足つきを良くしたいので極力薄いシートが欲しいのですが』というご意見が多くみられます。

低い位置に座れば足つきが良くなる。確かに間違いではありませんが、大正解ではありません。実は、着座位置が高くても形状を工夫することで、低いシートよりも足つきを良くする事が出来るのです。着座位置を低くするよりも、逆に高くしてしまった方が足をつけやすい場合も多々あります。たとえば、シートがない状態で跨り、座るとそのオートバイで一番低い位置に座ることになります。座った事のある方ならピンとくるかもしれませんが、腿の裏やふくらはぎにフレームやサイドカバー、ハーレーであれば、プライマリカバーやマフラー、車種によってはバッテリー等が当たり、足つきが悪いことに気付くはずです。シートがない状態で座って取り回してみて、蟹股歩きになった経験はありませんか?

跨っているよりも跨ったまま立ってしまった方が、楽にオートバイを支えられると感じるでしょう。
???立った方が楽???

足つきを良くする目的は、単に足がつく、つかないという事だけではありません。
もちろん両足がべったりつくに越したことはありませんが、『バイクを立たせる(支える)事をし易くする』それが本来の目的なのです。
本来の目的を見失い、足がつくことだけに必死になり、足がつくけどオートバイを支え難い、スポンジが薄く乗り心地が悪くて乗っていられないでは本末転倒です。自分の体重よりも重たいオートバイを支えるわけですから、オートバイの重心を保ち、支える為の足のつき方、足のつく位置が重要になります。人間の足は長さや形状に個人差はありますが、関節の数や構成、何かをする時の基本動作は同じです。では重たいオートバイを支える為にはどの位置に、どのように足をつけば良いか? それらを考えるのが、本来の足つきに対しての考え方ではないでしょうか? 蛇足ですが、シートを外してバイクに跨り、両足でしっかり立った時にバイクとお尻に空くスペース、そのスペースがあなたがオートバイをしっかり支えられるシートの高さです。 思っているよりも高い位置に座れると感じるかもしれませんね。是非一度お試し下さい。

足つきを良くするシートの形状、幅については?⇒⇒⇒続く

フッター
メールマガジン カタログ請求 サイトマップ Virgin-BMW Motorrad K&Hコラム連載中 バージンハーレー K&H特集