K&H F.R.P LABORATORY

国産バイク

ロー&スーパーローシート for CRF1000L

お客様フォト

広島県 K・T さん

 

『K&H様

 

お世話になります。
なかなか画像が取れずやっとまとめて撮影しましたのでお送りします。

 

アフリカツイン納車前に身長171p足短め(汗)の私にはローシートがかかせないとオプションで注文したものの、ネットでの純正ローシートの評判悪く1時間も乗るとおしりが痛くなると・・・・

 

いろいろ検索してK&HのHPを見させて頂き純正ローシートのスポンジ入れ替えの購入を決意。
タイミングよく納期も2週間ほどだったので納車に間に合い早速慣らし運転から装着、1時間・2時間と乗っても全くおしりが痛くなることはありませんでした。

最高自宅から実家まで約400kmほぼノンストップで走りましたが全然問題なし。

 

しかしタンデムでは2時間ほどで骨盤が痛くなりポジションを後ろにしたりして何とか乗れました。
感じたのは本当に絶妙なスポンジ形状を検討されており、2人乗りによるリア沈みによるバランスが変わったことによる現象だと思います。

 

これで全く問題無かったのですが、やはりロー設定によるシートとタンクの隙間が「いかにも下げてます!」で見た目が悪いと感じ「スーパーローシート」を追加で購入。

こちらも無理を言って仲間たちとのツーリングに間に合わせて頂きました。


HPではローシートよりさらに1cm下がるとのことでしたが実際に乗ってみると然程違いは感じませんが、画像を見る限り若干足つきが良くなっているようにも見えます。

こちらのシートも長時間乗ってもお尻が痛くて無理ってところまではいきませんが、ローシートに比べると少し痛くなって来たかなと感じポジションを変えて対応する感じです。
タンデムではローシートに比べスーパーローシートの方がお尻が痛く感じる事が無く、1日中タンデムしても問題無しでした。

 

座り方に個人差があるのでしょうがスーパーローシートも座り方次第では長時間乗っても問題無いと思います。

しばらくはこの2つのシートを状況に合わせて使い分けてみようと思います。

 

後はタンデムシートがまだ純正のままなのでスーパーローシートとお揃いにして頂くべく、大蔵省(奥様)を説得いたしますのでその時はまたよろしくお願いします。』

 

 

 

3月にローシートスポンジへの張替オーダー。

2か月後にスーパーローシートのご依頼。

なるほど、そういった経緯があったのですね。

 

スポンジ換装後もお尻の痛みが完全に取れたわけではないというところが少し気になります・・・。

以前別のユーザー様のフォトギャラリーで、お尻の痛みに関する悩みとその後の改善、

そして弊社上山からの乗車位置の決め方に関するアドバイスが掲載されています。

https://kandh.co.jp/japangallery/285.htm 

改善策になれば良いです。

 

スーパーローシートは形状の関係で純正レザーが使用できない為、弊社のオリジナルレザーを被せるご提案をしています。

標準はプレーンブラック単色での仕上げですが、K・Tさんのように色替えのセミオーダーをすることも可能。

K・Tさんは、トップ:C-58すべり止めブルー/切替:C-51すべり止めレッド/サイド:C-59カーボン綾織の3色をチョイス。これは是非、リアシートも揃えたいですね!

大蔵省様からの承認、頂けることを願っております^−^

ご依頼誠にありがとうございました!

 

ローシート : 【S-8203adv】ローシート スポンジ入替 アドベンチャースポーツ

スーパーローシート : 【S-8200】スーパーローシート オリジナルレザー仕上げ

 ※スーパーローシートはセミオーダー仕様

 

2019/07/05

 

 

         ↑ローシート スポンジ入替 装着時

 

 

          ↑スーパーローシート オリジナルレザー仕上げ 装着時

 

 

 

          ↑スーパーローシート 着座時

フッター
メールマガジン カタログ請求 サイトマップ Virgin-BMW Motorrad K&Hコラム連載中 バージンハーレー K&H特集