K&H F.R.P LABORATORY

国産バイク

ハイシート for MT-09

お客様フォト

山梨県 S・M さん

 

『9月28日にふじてんで開催されたヤマハミーティングでK&Hさんのブースにお邪魔させていただきました。
色々話が聞けてよかったです。 ありがとうございます。

 

MT-09のハイシートを購入してほぼ1ヶ月です。
納期についても予定より早めていただきツーリングに間に合いました。
その節はありがとうございました。

 

当時、純正シートのときはMT-09を手放そうかと思うほどシリが痛かったです。
シリが痛い原因を調べるとシート素材より形状が大事だと判明。
たどりついたのがK&Hさんでした。

そこから制作中のブログを見たり、いろんなレビューをみて熟考。
実際に試乗できればと思っていましたが、時間がなく試乗しないままシートを購入。
結果大正解!MT-09手放さなくてよかったとなりました。

 

シートはハイシートの標準仕様、スポンジ硬めにしました。
1時間くらい乗ると若干痛くなりますが、シリ全体がじわっと痛い感じで休めばすぐ治る痛みです。

純正のスポットで痛いわけではありませんでした。
伺ったらスポンジが3000kmくらいから馴染むとのこと。
まだ、1000kmちょいなので若干硬さがありますがガンガン乗りたいと思います。

 

実際の座り心地は座面が広がった感じというか、シリの据わりが良くなったので 、シリが点から面で受けてもらっている感じです。

なので加減速でもしっかりポジションキープできます。
それと骨盤とシートの角度が合っているというんでしょうか。
またがったときに自然な位置という感じです。
これは座らないと説明が難しい。

 

脚付きについては純正だと、かかとが付くか付かないか位だったのが拇指球までになりましたが、特に問題ないです。

 

シートの作りはK&Hさんの制作ブログを見てもらうのが一番です。
仕事の良し悪しは細部に出ますが実際のシートも手抜きがなく職人さんのいい仕事です。

値段については、決断するのに少し悩むレベルでしたが座布団や、アンコ抜き等して遠回りするならと思い私は換えました。

シートはもともと付いていて、あえて買わなくてもバイクは乗れますがバイクとライダーをつなぐ大きな部分で、そこに不満があると乗ることすら楽しくなくなると思います。
純正もメーカーがテストして作っていると思いますが。自分に合わなければ換えるのはアリだと思います。
私はアリでした。』

 

 

 

YAMAHA Motorcycle Day 2019では、弊社ブースにお立ち寄り頂きありがとうございました!

気に入って頂けているようで、大変嬉しく思います^−^

シートに詰め込んだ沢山のこだわり、皆様に見て乗って感じてもらえることは、なによりの喜び。

せっかく手に入れた愛車が、つらいものであってはなりません。

 

シートの硬さについては走り込むほどにスポンジが馴染み、S・Mさん仕様の一台になっていくことと思います。

慣らしにはもう少々お時間がかかりますが、走りながらその変化も感じて楽しんで頂けたら、と。

 

一度は手放そうと思ったMT-09。

ここからはより一層の愛着を持って楽しんでもらえることと、大いに期待しております。

ご依頼誠にありがとうございました!

 

装着シート: 【S-8111A】 ハイシートAステッチ for MT-09

 

2019/10/01

 

 

フッター
メールマガジン カタログ請求 サイトマップ Virgin-BMW Motorrad K&Hコラム連載中 バージンハーレー K&H特集