2021 Door of Adventure秋 南会津 DAY2

DAY1 のつづきー。
 

ということで、

高原の朝はひんやり。

夜の内に湯を沸かし、ペットボトルで簡易の湯たんぽ作って寝袋に突っ込んで置いてから寝たので快眠。

え?

どうやら バルズ の店主は軽トラの荷台で寝袋一丁で寝たらしい。

あいつアホや。

特に準備は無い。

どうやら二日目がDOA本番らしく、山原さん曰く、

『初日のあれは散歩ですよ。散歩。』とのこと。

昨日のまま。

パンク怖いから空気も抜かない。

この前パンク して以来、ちょっとトラウマになっているのだ。

昨日の深砂利林道でリアタイヤがうにゅうにゅ左右に動くのが、タイヤが落ちたあの感触とシンクロして内心どきどきだった。

まー、昨日はガレていないしパンクする要素も無かったんだけどね。

ハードチューブにしてあるけどエアー多め。

前 : 2.2 後 : 2.4

大分びびってます。笑)

後滑るのは別に構わないけど前が全然食わない止まらない。

そんなことよりパンクが嫌過ぎるから我慢する。

あれ? YOさん何してます?

なぜオフローダーは空気抜くとき笑って誤魔化そうとするのか。

あ、義丹さんは昨日走り終わって速攻で帰りました。

あの人いつも撤収めちゃ早い。

書き仕事が溜まってるとか何とか言っていたけど何か悪い事してるのかもしれない。

泊りと言って出てきて帰・・・。(;´・ω・)

昨日より距離も長い。

今日は散歩じゃなく何なんだろうか。

冒険スタート

今日はゼッケン後ろ順から。

私は1時間後。

主催者の粋な計らいと会津高原たかつえスキー場の協力の元、ダカールラリーのようにスタート台からのラリースタートが実現。

格好良いじゃないかー。

私のスタートまでは時間あるから辺りを散策。

昨日はコマ図やら用意して直ぐスタートだったからバタバタしてた。

チーム モトレック はいつも元気だねー。

え? 昨日はホテル泊まりだったって?

らしくないなぁ。(いつも外で酒盛りしてるイメージ)

HD練馬 大竹さんも当然パンアメリカ。

ノーマルタイヤで大丈夫ー???

チャレンジコースは迂回するらしい。

しかし、出たばかりのパンアメリカをディーラー社長がこうやってちゃんと走らせてるんだからカッコ良いよね。

しかも、日本のダートをさ。

HD JapanもDOAに協賛した方が良いね。

『KTM』の旗ばかりじゃなくて、ここに『Harley Davidson』てあったら良いじゃない。

今日も小船親子はタンデムRUN!

どっこいしょー

いってらっしゃーい。

やっと自分たちの番。

隣はDAY1と同じく多川さん。

撮影スタッフにスマホ渡してオレを撮りやがれと。

みっちゃんありがとー。

最初の林道(途中の舗装路面)で大竹さんが撮影していたから被せて邪魔をしてみたり。

昨日と打って変わってめちゃ良い天気。

いいねー。

ソロで撮るから早く行けと大竹さん。

CPでバルズの面々と。

10月の南会津高原で軽トラ荷台で星を見ながら寝る男。

意外と気持ちヨカッタらしい。

さよか。

最高のツーリング日和。

BONSAI : 『この先ガレガレって書いてあるよ?』

K&H : 『ちょーお腹減ったからその前でごはんにしようよ。』

今日はランチパック。

林道端で座ってもぐもぐ。

そう言えば栗ご飯食べたいなー。

川になったガレを爽やかに撮ってみたり。

問題はこういう周りが赤土のクレパスね。

ここからだと良く見えないけどアフリカツインが自立する位のクレパスで水の流れ道なのよ。

もっと手前から上がれよて感じだけど、ずっとキャンバーなんでビッグオフは登れない。

掻いて掘りたくないから岩を積んで脱出。

最低地上高320mmある883でも自立する。

クレパスに見えないか。(;´・ω・)

右側に登りたいけどキャンバーでねぇ。

この前の岩キッカケにばーんと土手上に登ってやろうと思って行ったら当てにしてた岩が思いの外軽くコロンと動きやがって(今の位置)フロント切れ込んで(落ちて)右側の土手に自分がころーんて。

わおー。

クレパスの頂点にヒットしたー。

そうかー。

ここ打つのかー。

エキパイ張り出してるもんな。

盲点だった。

立ちゴケ以外は初めてだから。

まー、止む無し。

エスケープした人たちは猪苗代湖と雄大な景色を見ながらのルートだったらしい。

そっちも行って見たかったなぁ。

先へ進む。

BONSAI MOTO多川順の小芝居。

実際はこんなもん。笑)

GOSTでも走った ところだー。

何してんの? とYOさん。

そんなこんな無事にゴール。

トレーラーに積み込み目視。

『走んの?これー』 てYOさんが指で摘まんで大爆笑してた。

曲げ折れた所が少し破けていたけど排気漏れの音も無く、長いガレ林道上りも含めて100km以上走ったぞ。

ただ、ずっと低回転使って走った。

トルクフルなVツインOHVは良いねー。

ホント二気筒で良かったー。

その場で藤金に『潰したからお代わり!』て写メ送る。

藤金 : 『排気してるんすか?それ。』

上山 : 『100km以上走って戻って来たぞ! 排気はしてるか知らんけど。(;´・ω・)』

単気筒としても450㏄あるからなぁ。

そして、新しいエキパイ探しの旅へ。

二日間ホント良く遊んだ。

で、2021秋の南会津DOAの統括。

ビッグオフで赤土のキャンバーは行っちゃダメ。>_<

まー、パイプにエクボ(どころじゃない)は作ったが、それ以上の思い出を作った。
 

あー、たのしかったー。

みんなありがとー。